IMEが知らぬ間にGoogle日本語入力でなくなっている理由

google ime IMEが知らぬ間にGoogle日本語入力でなくなっている理由

かなり今更な話かもしれませんが、自分メモ的エントリーです。

家では専らMacユーザーなのですが、会社ではWindowsを使ってます。会社のWindowsのIMEはGoogle日本語入力を使っているんですが、たまぁにいつの間にかIMEがWindows標準のものに戻ってるんですね。

意識せずに日本語の入力を行っていると、本当にいつの間にか戻っているので「え!?」ってなります。

実はこれ「Ctrl+Shift」がIMEの切り替えショートカットとして設定されているんですねぇ。

ショートカットで「Ctrl+Shift+◯」を使おうとして打ち損じ、結局「Ctrl+Shift」になってて知らず知らずのうちにIMEが切り替わっていたという罠にハマっていたのでした。分かりにくっ!!

調べてみるとこれを無効化することはできるようですね。

私もたまに勝手に切り替わってて原因がわかっていなかったのですが、Ctrl+Shiftだったのですね。

動作環境が近いので調べてみたら、私の環境では  言語バー右クリック>設定(「テキスト サービスと入力言語」ダイアログ)>設定タブのキーの設定ボタン>詳細なキー設定ダイアログで「入力言語を切り替える」のホットキーがONになっていたのが原因だったようです。キーシーケンスの変更ボタンから「入力言語の切り替え」チェックボックスを外してやると切り替わらなくなりました。

Ctrl + ShiftでMS-IMEに切り替え の機能をOffにしたい – Google 日本語入力 公式ヘルプフォーラム

IMEを切り替えて使うシーンなんてないので、切っちゃってよさそうです。

ふぅ。これでまたちょっとだけPC環境が快適になりました。ほんのちょっとだけw

pixel IMEが知らぬ間にGoogle日本語入力でなくなっている理由