昭和の雰囲気漂う白馬のペンション「ランタンリルン」

pension lantern 昭和の雰囲気漂う白馬のペンション「ランタンリルン」

前回の記事でも先週末に長野県は白馬五竜に滑りに行ったということはお伝えしましたが、そのとき一泊したペンションが旅費の割りにものすごくいいところだったのでご紹介。

今回の旅費は「往復夜行バス+レンタルウェア+レンタル板+一泊二食付き」で21000円ともの凄い安い金額でした。僕が幹事をしたわけではないので、詳しい旅行会社とかは把握してないのですが、全部込み込みでこの値段は安すぎます。

なので、一泊するペンションはどんなところかと内心ビクビクしながら夜を迎えたわけですが、そのペンションがなんとも素敵なところだったのです。

それが「白馬の森 ペンショオーネ ランタンリルン」です。


3231028045 d14aee98f5 昭和の雰囲気漂う白馬のペンション「ランタンリルン」
ペンションに入って一番最初に目についた部屋がこれ。ペンションの宿泊者全員の共同スペースなんですが、真ん中にコタツがあって、正面には暖炉。家具は全部ちょっと古めかしさを漂わせつつも、オシャレな感じに統一されていてとても落ち着けそうなところ。

寝泊りした部屋の写真はないのですが、どこも少し懐かしい感じのする部屋で、すごく落ち着けました。

3231023895 b373b81085 昭和の雰囲気漂う白馬のペンション「ランタンリルン」
内心ビクビクしていたところパート2である食事に関して。どんな質素な料理が出てくるかと半分諦め気味だったのですが、この日の夕食はチキンのオーブン焼
きにスープとライス、サラダと超豪華。食堂の雰囲気もこれまたいい!料理も結構おいしい!お酒なんかも追加料金になっちゃいますが、頼めました。僕はグラ
スの赤ワインをいただきましたよ。それなりにおいしかった。

いやはや、まさか全て込み込みの21000円でここまで満足できる旅行ができるとは思ってませんでしたよ。

そしてさらに、ここのペンションの人がやさしいのなんのって。車で5分くらいのところに温泉があるんですが、そこまで僕たちのグループのためだけに送迎のマイクロバスを出してくれたりして。本当に最高でした。

もし、白馬五竜にお出掛けする機会があればランタンリルンに泊まってみてはいかがでしょう?

ランタンリルンの公式ページがあったのでリンクしておきます。

白馬の森 ペンショオーネ ランタンリルン

pixel 昭和の雰囲気漂う白馬のペンション「ランタンリルン」