画期的な携帯電話を考えた!【百式企画塾】

2009年、あなたが思いついてしまったのは「人間関係がどんどん良くなるケータイ」。コミュニケーションツールとしてのケータイに立ち戻り、持った人の誰もが優しくなれたという、その画期的なケータイについて次のことを教えてください。

そのケータイは、大ヒット商品である(たまごっち)にヒントを得て(通話の声を餌にして食べる生き物を育てる育成ゲーム)なる機能を搭載していたため、通話そのものが楽しくなる仕組みになっていた。またアドレス帳自体をいじるのが楽しくなるように(アドレス帳が生き物の「棲家」となっていて、通話することでその通話相手の「棲家」が更新される)なる工夫もされており、さらに通話する人が増えたという。その画期的なケータイの名前は(EATEL(イーテル))。

hyakushiki mobile 画期的な携帯電話を考えた!【百式企画塾】

通話の声を餌にして育つ生き物を育てる育成ゲームを携帯電話に搭載。普段の通話の声を解析し、声の喜怒哀楽や内容に応じた様々な育ち方をする。
例えば、彼氏とキャピキャピ話していることが多い人は乙女ちっくなキャラクターに育ち、ビジネスで真面目な話が多い人は真面目っぽいキャラクターに育つ。

通話している声を餌とするので、通話をしばらくしないとお腹を空かせて死んでしまう。なのでこの生き物を育てるために通話は増える。さらに、この生き物がいることで、通話相手との共通の話題となる。

ネーミングの由来は、EAT(食べる)とTEL(電話)の造語で、「良いTEL」という意味にも掛けている。

【百式企画塾】 画期的なケータイを考えた! | IDEA*IDEA

pixel 画期的な携帯電話を考えた!【百式企画塾】